UBSアセット・マネジメント

文字サイズ:
標準
大きい

お読み頂きたい留意点

  1. ホーム>
  2. 注目の運用戦略>
  3. サステナブル投資戦略

サステナブル投資戦略

UBSアセット・マネジメントのサステナブル投資への取り組み

全資産チームを横断的にサポートするサステナブル専担部署を設置

サステナブル&インパクト投資チームは、全資産クラスに亘ってポートフォリオ・マネジャー、リサーチ・アナリスト、インベストメント・スペシャリストと緊密に協業し、ESG評価の体系的な運用プロセスへの取り込みと、顧客ニーズに合致するサステナブル投資ソリューションの開発を手掛ける

UBSアセット・マネジメント
  • 株式
  • 債券
  • システマティック
    &インデックス
  • マルチアセット
  • オルタナティブ

サステナブル&インパクト投資チーム

  • 18名のスペシャリストからなる
    サステナブル専任チーム

  • 920名の運用
    プロフェショナル

  • サステナブル運用残高
    ESGフォーカス:1兆9,000億円
    ESG統合型:22兆3,200億円

  • 20年に亘る
    サステナブル投資の歴史

出所:UBSアセット・マネジメント。2018年9月末現在。除外基準に基づくマンデートを除く。

サステナブル投資における革新的なプロダクト開発

  • コア株式

    グローバル・サステナブル、インターナショナル・サステナブル、新興国サステナブル、米国サステナブル、ロング・ターム・テーマ

    債券

    パッシブ:
    EUR建て、USD建てのサステナブル社債ETFs

    アクティブ:
    ESGを運用プロセスに組入れた米国クレジット戦略

  • ETFs

    欧州で最大の社会責任・サステナブル
    株式および債券指数のETFプロバイダー

    インパクト投資PE&インフラ

    グローバル株式インパクト投資、オンコロジーインパクトファンド、クリーンエネルギーインフラといった最先端の戦略

    Climate Aware

    革新性の高いルール・ベースの株式戦略


  • 95%

    の不動産ファンドがグリーン・スターアワードを受賞。
    インフラファンドはグローバルに分散された非上場ファンドのピア比較で1位と2位にランクイン

    7ファンドが各GRESBピアグループにおいてトップにランクイン

出所:UBSアセット・マネジメント、GRESB 、ETFGI European ETF Reporting(2017年12月)

お客様のニーズに応じたサステナブル手法の選択

サステナビリティとは、ビジネス手法に環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)の要素を活用することで、事業機会の創造と執行リスクの低減を図り、企業を経済的な成功に導く能力を指す

環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)のイメージ
ESGアプローチのピラミッド

出所:UBSアセット・マネジメント、2018年12月末時点。

サステナブル運用戦略ラインナップ

サステナブル運用戦略ラインナップの表

(注)上記は日本で提供していない戦略を含みます。

出所:UBSアセット・マネジメント、2019年3月末時点。

UBSグループにおける取り組み

様々な取り組みを通してサステナビリティの理念を追求

UBSグループのコミットメント

  • 1992年の国連環境計画・金融イニシアティブ(UNEP FI)の最初の署名投資機関の1つ

  • 1999年、銀行では世界で初めて環境認証(ISO14001)を取得

  • スイスで唯一のカーボン・ディスクロージャー・プロジェクト(CDP)の署名投資機関

  • UBSオプティマス財団の創設

  • FTSE4Good Index seriesおよびDow Jones Sustainability Indicesの構成企業。DJSIの各種金融部門のセクターリーダー

  • 1999年のウォルフスバーグ・グループの設立メンバー

  • UBS & Society: 地域に社会的、経済的ポジティブ・インパクトを与えるためのグローバルなプログラム

  • 慈善活動とインパクト投資分野で顧客への助言

UBSアセット・マネジメントのコミットメント

  • 国連グローバル・コンパクトの2000年の開始以来の参加者

  • Global Initiative for Sustainability Ratings運営委員会メンバー

  • GRI(グローバル・レポーティング・イニシアティブ)に基づく持続可能性の開示の第三者保証

  • サステナビリティ会計基準審議会TM

  • UBSアセット・マネジメントは責任投資原則(PRI)の署名投資機関

  • サステナブル/責任投資フォーラム

UBSグループの日本における地域貢献活動

  • 日本のUBSグループが取り組んでいる「多様な子どもたちの架け橋プロジェクト Building Bridges for Children (BBC)」が、2019年1月に「第16回企業フィランソロピー大賞」において大賞を受賞しました。
  • 同プロジェクトは、外国籍や一人親家庭、児童養護施設の子どもたち、障がいのある子どもたちを対象とし、それぞれの多様性を弱さから強みに変え、個性を十分に発揮して積極的に社会参加していけるよう支援するプロジェクトで、2008年から東京ボランティア・市民活動センターと協働実施しています。
  • 同プロジェクトを含むUBSグループの日本おける地域貢献活動については以下をご覧ください。

関連レポート

2019年02月22日 サステナブル:「気候変動入門」気候変動に関する投資のご紹介
2018年12月06日 サステナブル:「進化する気候変動」炭素リスクをアセット・アロケーションに組み込む
2018年11月08日 サステナブル:「対話を育む」スチュワードシップ年次レポート
2018年07月02日 サステナブル:「次なるフロンティア」債券投資におけるESG の統合
2017年11月30日 サステナブル:「重要な事柄を測定」本質的価値の範囲を拡大してESGを含める
2017年08月22日 サステナブル:「座礁資産」表面下に何が横たわっているのか
2017年06月01日 サステナブル:「長期的な価値の創造」機関投資家のためのサステナブル投資について
2016年02月01日 サステナブル:「株式投資に起きている革命とは!」高まる非財務データの重要性