新興国株式投資の新たな潮流

先進国、新興国の垣根を超えて、人々が等しく最先端の製品、サービスを享受し始めた現代において、巨大化した市場のトレンドを捉え、
飛躍的な成長を遂げる新興国企業が世界の成長エンジンになろうとしています。
それと同時に、良質な人材を惹きつけ、巨額の投資を続けることで、顧客の支持を継続的に高める勝ち組企業が、そのリードを一層広げる傾向が世界的に強まっています。
これらの実態を背景に、限られた数の企業を見極める徹底的な銘柄選択アプローチが、
従来の国別投資のアプローチに代わる、新たな新興国株式投資の潮流として急速に台頭してきています。

ファンドのポイント

大きな循環の中で「転換点」を迎える新興国株式

新興国株式市場は大きな循環の中で転換点を迎えており、今後数年にわたって新興国株式が相対的に優位な状況が期待されます。
新興国株式は先進国を上回るスピードで成長を続けている一方、相対的に割安な水準にあります。

「個別企業の選別」に着目した新しいアプローチ

かつての新興国株式市場では、国の経済成長率と株価に高い連動性がみられたものの、現在では、その連動性が低下しています。
新興国においても世界レベルの成長企業が出現しています。それらの企業は、ビジネス・株価の両方において、リードを一層広げる傾向が強まっており、厳選投資の重要性が高まっています。

長期で「卓越した運用実績」を有するUBSアセット・マネジメントが運用

当ファンドはUBS独自の「HALO戦略」を活用して運用を行います。
当ファンドと同様の運用を行うUBS新興国株式厳選投資戦略は、2008年8月設定来、MSCIエマージング・マーケット・インデックスを上回る優れた運用実績を有しています。

新興国の成長ドライバー

新興国をけん引しているのは、従来の成長エンジンに加え、新興国で沸き起こった需要に応える新サービスです。

※上記は、例示をもって理解を深めていただくことを目的としたイメージ図であり、将来の動向を示唆、保証するものではありません。写真はイメージです。

カテゴリーリーダー企業を厳選して投資

現在の新興国市場をけん引しているのは、新しい成長分野(カテゴリー)におけるカテゴリーリーダー企業です。
カテゴリーリーダー企業は、圧倒的な成長力を背景に、株価についても総じて同カテゴリーの競合他社を上回るリターンをもたらしています。
このような企業を中心に銘柄を厳選することで、市場全体を大きく上回る成果が期待されます。

※上記は、例示をもって理解を深めていただくことを目的としたイメージ図であり、将来の動向を示唆、保証するものではありません。写真はイメージです。

UBS独自の「HALOヘーロー戦略」

UBSアセット・マネジメントのHALO戦略は、グローバル、欧州、日本、豪州、エマージング、アジアで高い実績のある代表的な株式戦略です。
HALO戦略では、専任アナリストによる個別銘柄の徹底的な実施調査・分析を行い、確信度の高い銘柄のみに厳選投資を行います。

  • ・本源的価値と株価のかい離に注目、独自の包括的なクオリティ分析を加味

    ・ボトムアップにより高い株価上昇が見込める25~35銘柄の「ベスト・アイデア」を採用

  • ・中長期的なサイクルに関する経済予想や企業の収益率、負債比率等を標準化

    ・過去の平均実行為替レートで換算の上、今後5年間の収益・財務予想

  • ・主に新興国やアジア出身者で構成された運用チーム

    ・現地での調査・分析結果をベースに、銘柄を選択

※資金動向、信託財産の規模、市況動向等によっては上記のような運用ができない場合があります。写真はイメージです。(2021年6月末現在)

上記のデータは過去のものであり、
将来の動向を示唆、保証するものではありません。