必ずお読みいただきたいこと

  1. ホーム>
  2. UBSグローバル・アセット・マネジメントについて>
  3. 機関投資家の皆様
UBSグローバル・アセット・マネジメント グローバルに培った革新性で、日本の運用ニーズにお応えします。

機関投資家の皆様

UBSグロ-バル・アセット・マネジメント株式会社は、公的・私的年金、金融機関ならびに事業法人を含む機関投資家の皆様に、資産運用サ-ビスを提供しています。

当社は、グローバルな組織・体制の下、長年培った調査力・運用力を活かして、機関投資家の皆様に伝統的資産運用およびオルタナティブ資産運用をご提供しています。加えまして、ニーズに対応して、新しい運用手法や新商品の開発に積極的に取り組んでいます。また、細やかな顧客サービスをご提供することによって、顧客満足度の向上に努めています。なお、UBSグローバル・アセット・マネジメント株式会社は、国内の機関投資家向け投資信託も提供しています。

主な運用資産

  • 日本株式
  • 日本債券
  • 外国株式
  • 外国債券
  • オルナタティブ投資

投資一任契約に関する留意事項

投資一任契約に係る業務の運用においては、主として株式、債券、投資信託証券など値動きのある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクもあります)に投資しますので、契約資産の額(元本)は保証されるものではなく、元本を割り込むことがあります。また、運用による損益はすべて投資家の皆様に帰属します。なお、リスクの要因については、投資対象資産の種類、投資制限、取引市場、投資対象国等により異なります。

当社が投資一任契約に係る業務を行う際には、お客様にはご契約の資産額に対し年率0.825%(税抜き)を上限とする投資顧問料をご負担いただきます。その他、組入れ資産に係る運用手数料、売買手数料、保管費用等を、運用資産を通じて間接的にご負担いただく場合があります。これらの手数料等は契約内容、契約資産の額、運用状況等により異なります。

ご契約にあたっては、契約締結前書面等をお渡しいたしますので、ご契約前によくお読みください。

リスク管理体制

UBSグローバル・アセット・マネジメントでは、取引の執行については、運用部門が投資対象・投資制限等を規定した運用ガイドラインに従って執行します。取引の管理については、管理部門は運用ガイドラインに則って適切な運用がなされているか、および運用結果の定期的な検証を通じて、各種リスクが適切に管理されていることをモニタリングしています。また、それらの状況は定期的に開催される各委員会に報告され、状況の把握・確認が行われるほか、適切な運営について検証が行われます。

UBSグローバル・アセット・マネジメントの機関投資家向けサービス

サービスに関するお問い合わせ
UBSグローバル・アセット・マネジメント株式会社は、UBSグローバル・アセット・マネジメントの日本拠点として、国内の年金、機関投資家向け運用サービスの他、投資信託を提供しています。
必ずお読みいただきたいこと
投資信託などの金融商品のご購入等にあたっての注意事項などを掲載しています。実際にお取引をされる際には、必ずお読みいただくようお願いいたします。

ページの先頭へ